施工事例

えぐれたレザーシートを補修

ひっかいた跡のようなえぐれ傷のあるパンチングレザーシートの補修をしました。 パンチングレザーの穴を綺麗に補修するのは難しく、近くでよく観察すると補修痕が残ってしまうのですが、離れて見ると違和感はありません。 パッと見て気づく人はほとんどいないと思います。 今回の補修も依頼主様に満足していただけました。 ご依頼ありがとうございました。 

ステアリングの表皮剥がれの補修

表皮が剥がれ(めくれ)たステアリングの補修をしました。 何事もなかったかのように綺麗に補修することができました。 この傷はめくれた部分からどんどん広がっていくタイプなので、そうなる前に補修するのがベストかと思います。 ステアリング全体的にめくれてしまうと補修は難しくなります。

ドア内張りの穴を補修

ドアの内張りの穴を補修しました(※オーディオ機器を取り外した跡とのことです)。 穴が大きく深かったので、下地処理に時間がかかったものの、上写真のようにほぼ何事もなかったような状態にまで仕上げることができました。 ご依頼ありがとうございました。

レザーシートの傷を補修

レザーシートのスレ傷(引っかき傷)を補修しました。 上写真以外にも全体的に似たような傷が付いていたので、ほぼ一脚まるごとの補修になりました。 おかげでとても綺麗になり、依頼主様にもたいへん喜んでいただけました。 ご依頼ありがとうございました。

ステアリングの擦れ傷を補修

長年の使用で擦れて汚くなったステアリングを綺麗に補修しました。 ステアリングは真っ先に目に入ってくる部分。 ここが綺麗になると見た目の印象が若返ります。 綺麗になって依頼主様にも喜んでいただけました。 ご依頼ありがとうございました。

部分的に表皮が剥げたレザーシートの補修

革の表面が剥げてしまったレザーシートの補修をいたしました。 写真を撮った時間帯と環境が違うせいで施工前と後の色が違って見えますが、実際は同じ色です。 この程度の傷でしたら大抵の場合、傷は見えなくなり、違和感のない仕上がりになります。 ご依頼ありがとうございました。