施工事例

ダッシュボードに開いた穴の補修

ダッシュボードの前面に開いたビス穴を補修しました。 車内のこのような部品の表面は通常「シボ加工」されているのですが、今回の部品は「幾何学模様」柄でした。 ですので「補修箇所が目立ちやすい」事をご了承いただいてからの施工になりました。 しかし、心配してたほど補修箇所が目立つこともなく、馴染んで綺麗に仕上がりました。 おかげで依頼主様にもご満足いただけました。 ご依頼ありがとうございました

表皮が破れたステアリングの補修

表皮が破れてめくれたステアリングを補修しました。 全体的に激しく損傷していたので、細部の凸凹は多少残ってしまいましたが、見たときの印象はかなり良くなりました。 ご依頼主様にもたいへん喜んでいただけました。 ご依頼ありがとうございました。

えぐれたレザーシートを補修

ひっかいた跡のようなえぐれ傷のあるパンチングレザーシートの補修をしました。 パンチングレザーの穴を綺麗に補修するのは難しく、近くでよく観察すると補修痕が残ってしまうのですが、離れて見ると違和感はありません。 パッと見て気づく人はほとんどいないと思います。 今回の補修も依頼主様に満足していただけました。 ご依頼ありがとうございました。 

ステアリングの表皮剥がれの補修

表皮が剥がれ(めくれ)たステアリングの補修をしました。 何事もなかったかのように綺麗に補修することができました。 この傷はめくれた部分からどんどん広がっていくタイプなので、そうなる前に補修するのがベストかと思います。 ステアリング全体的にめくれてしまうと補修は難しくなります。

ドア内張りの穴を補修

ドアの内張りの穴を補修しました(※オーディオ機器を取り外した跡とのことです)。 穴が大きく深かったので、下地処理に時間がかかったものの、上写真のようにほぼ何事もなかったような状態にまで仕上げることができました。 ご依頼ありがとうございました。

レザーシートの傷を補修

レザーシートのスレ傷(引っかき傷)を補修しました。 上写真以外にも全体的に似たような傷が付いていたので、ほぼ一脚まるごとの補修になりました。 おかげでとても綺麗になり、依頼主様にもたいへん喜んでいただけました。 ご依頼ありがとうございました。