レザーシートの擦れ傷とステッチ欠損の補修

使い込んで表面が擦れてしまったレザーシートを補修しました。 ステッチ(糸)も部分的に切れてなくなっていたので、それも補修しました。 ステッチは表面的な補修しかできないので、よく見ると補修したことがわかります。 しかし、欠損したままにしておくよりも、印象は良くなり、違和感も少くなってます。 依頼主様にも喜んでいただけました。 ご依頼ありがとうございました

内張りのキズの補修

ドアの内張りの下部分についたキズを補修しました。 革の表面についた浅めのキズです。 施工後は上写真の通りです。 キズは消え、補修の跡も残りませんでした。 依頼主様にもご納得いただけました。 ご依頼ありがとうございました

革製ダッシュボードのキズ(変形・盛り上がり)の補修

変形して盛り上がってしまった革(合皮)製ダッシュボードを補修しました。 両面テープで貼っていた装備を力任せに剥がしてしまった跡でしょうか。 この素材は薄くて柔らかいので補修しても跡が残りやすいのですが、補修後の仕上がりは上写真の通りです。 若干の跡は残りましたが、心配してたほどではなく、ほぼ気にならないレベルに収めることができたと思います。 依頼主様にもご納得いただけました。 ご依頼ありがとうございました。

表面がひび割れて曇っているヘッドライトを磨いて綺麗にしました。

表面のクリア(?)がひび割れて曇っているヘッドライトを磨きました

ひび割れはかなり深く、研磨してもすべてを取り除くことができませんでした。 しかし上写真の通り、透明感は取り戻すことができました。 ヘッドライトが綺麗になると見た目が若々しくなりますので、オススメです。 

表皮が剥げてしまったステアリングの補修

表皮が剥げてしまったステアリングの補修をしました。 上写真の部分だけでなく、裏側も剥げていました。 作業に時間はかかりましたが、仕上がりはご覧のとおりです。 よく見ると補修跡が残っていますが、違和感はほぼありません。 ご依頼主様にもご納得いただけました。 ご依頼ありがとうございました

破れたレザーシートの補修

経年劣化で破れてしまったレザー(合皮)シートを補修しました。 この施工は素材や劣化具合により補修跡が目立つ場合もあるのですが、今回は綺麗に施工できました。 ご依頼主様にもご満足いただけました。 ご依頼ありがとうございました。

※合皮は経年劣化で破れた場合、補修しても別の箇所がまた破れてしまう可能性があります。 その点をご了承いただいたお客様にだけ、施工させていただいております。

劣化して破れたレザーシートの補修

一部分が破れてしまったレザーシートを補修しました。 ステッチ(糸)を巻き込んで破れてたので、これも(簡易的に)再現しました。 写真でじっくりみると違和感がありますが💦 実際には補修したと言われなければ気づかないレベルに仕上がっています。 ご依頼主様にもご納得いただけました。 ご依頼ありがとうございました

表皮が剥げたステアリングを補修

表皮が剥げてしまったステアリングを補修しました。 この状態で長く利用してたのか、表皮だけでなく下地部分も劣化してました。 その影響で作業に時間がかかりましたが、上写真の状態まで補修することができました。 一見すると補修したことには気づかないと思います。 依頼主様にもご納得いただけました。 ご依頼ありがとうございました

ダッシュボードに残った接着剤の跡を補修

ダッシュボードの変色、接着剤の跡を補修しました。 クリーニングだけで綺麗になりそうだったのですが、今回は無理でした(オーナー様によってはこの段階で「十分」と判断されることもあり、その場合の請求はクリーニング代のみです)。 写真ではわかりにくいのですが、全体的に色ムラ(日焼け?)も発生しており、接着剤の跡を補修するついでに全体的に塗装しました。 仕上がりにはご依頼主様にもご満足いただけました。 ご依頼ありがとうございました